みんカラ カラコン ソフトレンズとハードレンズの違い

カラコンでよくあるソフトレンズとハードレンズの違いってなに?
どっちが着け心地がよいの?

 


みんカラカラコンをはじめとしたカラコンの多くはソフトレンズです。
一般的にソフトレンズの方がずれにくく着け心地も良いと言われています。

 


 

ソフトレンズとハードレンズの違い

カラコンの多くはソフトレンズと呼ばれる部類に入ります。
もちろん、みんカラカラコンもソフトレンズです。

 

ソフトレンズは名前の通り、柔らかいレンズ、ハードレンズはその逆で硬いレンズと考えておけば間違いないでしょう。
カラコンレンズの硬い・柔らかいは素材の違いによるもので、当然ながらその特徴も違ってきます。
ここではカラコンの主流であるソフトレンズと、ハードレンズの違いを紹介します。

 

ソフトレンズとは?

みんカラカラコンを含むカラコンはソフトレンズです。
ソフトレンズは水分を含む素材でできた比較的(ハードレンズと比べて)大きなサイズのレンズです。

 

ソフトレンズの最大の特徴はその着け心地の良さです。
装着しても違和感が少なく、これが眼が痛くならないといわれるゆえんです。
また、ずれにくく激しい運動にも向くと言われています。
例えばテニスなど激しい上下運動にも耐えられるのはソフトレンズならではですね♪

 

一方で酸素供給の点ではハードレンズに見劣りするのも事実です。
ソフトレンズはレンズの水分を通して目に酸素供給を行います。
ただ、レンズサイズの大きさもあり、酸素の供給量自体は一般的にハードレンズの方が多いようです。

 

また、ソフトレンズの素材はボリ?2?ヒドロキシエチルメタクリレート(P-HEMA)が使われています。
これは水を吸って柔らかくなるタイプのプラスチックです。
最近では酸素透過率の高いシリコーンハイドロゲル(TRIS、SiGMA等)を素材としたカラコンも登場しています。

 

 

ハードレンズとは?

ハードレンズはその名前の通り、硬いレンズです。
一般的にカラコンでハードレンズは多くありません。
ソフトレンズよりサンズサイズが小さく、酸素供給量も多いことが特徴です。

 

ただ、慣れるまでに1〜2週間かかるなどワンデーやウィークリータイプのカラコン向きではありません。
みんカラカラコンのように1年使えるタイプがメインです。

 

また、ソフトレンズと比較してずれやすいというデメリットもあり、使い方が難しいレンズです。
多くの場合、黒目の部分より小さいレンズがほとんどですので、通常の視力矯正用と思っておいてもよいでしょう。

 

みんカラカラコンをはじめとしたカラコンがソフトレンズなのはこんな理由があったのですね。
おしゃれ用カラコンは目に良くなじんで使いやすいソフトレンズならではといえますね。