みんカラ カラコンのレンズサイズとデカ目効果

みんカラ カラコンは「最強デカ目カラコン」と呼ばれるだけあって、国内最大級のデカ目に盛れるカラコンです。
では、実際どのくらい盛れるのでしょうか?

 

口コミでは「とにかくデカ目にしたいならみんカラ!」「可愛く盛れる♪」と言われていますが、どのくらい盛れるかはあまり書いてありません。
そこで、みんカラ カラコンがどのくらい盛れるかについて調べてみました。

 

みんカラ カラコンのサイズ

まず最初はみんカラ カラコンのサイズからです。
みんカラのショップでデータを見ていた時、あることに気がつきませんか?

 

それはレンズ直径(DIA)より着色直系の方が大きいということです。

 

みんカラのカラコンは他のカラコンと同様、透明レンズで着色されたレンズを挟むサンドウィッチ製法でつくられています。

 

サンドウィッチ製法

 

つまり、通常なら着色直系がレンズ直径(DIA)より大きくなることはないのです。
実はこの数値の差はレンズの大きさの測り方に違いあるからです。

 

みんカラショップのデータをよく見ると、着色直系の値は「つぶして測った値」と書いてあります。
カラコンのレンズは目のかたちにあわせて球形になっています。
球形のレンズをつぶして測ると実際の値より少し大きくなってしまいます。

 

なぜこんなことをしているかというと、着色された部分の大きさはそのままだと測れないからだと思われます。
正確に測る為に潰して平らにしているということですね。

 


 

みんカラのデカ目効果について

みんカラのカラコンシリーズのほとんどはレンズ直径(DIA)15.0mmです。
実物の画像から着色されていない部分は2.5mmずつくらい。
このことから、実際に目に装着したときの着色直系は大体14.5mm程度だと思います。
この値がみんカラカラコンで期待できるデカ目効果と言ってもいいかと思います。

 

では、この着色直系がいいのかどうかというと・・・
実はかなり理想的です。
瞳が最も魅力的に見えると言われる「目の黄金比」は1:2:1と言われています。

 

これに対して、日本人の目の平均サイズは1:1.5:1
かなり小さいのです。
目のサイズは個人差がありますが、着色直系14.5mmは目の黄金比にかなり近い値なのです。

 


 

カラコンのカラーとデカ目効果について

カラコンのデカ目効果でもう一つ忘れてはいけないのが”膨張色”です。
これは暖色系(ブラウンなど)の色は実際よりも大きく見え、寒色系(ブルーなど)は小さく見えるというものです。
実際に下の絵を見比べてみてください。
どちらも同じ大きさの円なのですが、膨張色である左側の方が大きく見えないでしょうか。

 

これはカラコンのレンズについても言うことができます。
みんカラのカラコンは発色の良い暖色系カラーを使っていますので、実際のサイズより大きく見えてデカ目効果もアップしているのです。

 

 

みんカラ カラコンは理想的なデカ目カラコン!?

みんカラのカラコンは目の黄金比に近づいて可愛く見せるためにかなり有効なカラコンです。
もちろん、目のサイズだけではなく、目の色や雰囲気も大切です。

 

みんカラ カラコンは色の面でいっても合格点です。
多くのみんカラシリーズはぱっちり目になるようにフチは太め、内側は複数のカラーを混ぜ合わせたナチュラルで高発色なデザインです。
また、中心部は元の目の色と合わせやすいようにやや落ち着いたカラーが採用されていることがほとんどです。
(※シリーズにより多少異なります)
可愛く見せることを徹底的に突き詰めたデザインにさらに膨張色によるデカ目効果もプラスされます。

 

みんカラは可愛くデカ目に盛れるように計算されつくしたカラコンといっていいでしょう。

 

>>みんカラ カラコンの人気シリーズの詳細はこちら<<