海外にみんカラ カラコンを着けていっても大丈夫?

今度、海外旅行に行くのですが、みんカラ カラコンをつけていっても大丈夫でしょうか?
入国審査の時などに何か言われたりしないか心配です。

 


 

海外旅行に行く時もおしゃれしていきたい!って思ったことありませんか?
せっかく海外に行くのだから写真もいっぱい取りたいし、カラコンは必須ですよね。

 

でも、ちょっと待ってくださいね。
海外旅行は国内旅行と決定的に違う点があります。
それが入国審査です。

 

 

入国審査は、その国に怪しい人が入ってこない様にチェックする場所です。
「カラコン関係ないじゃん」って思ってしまいそうですが、実はこれ要注意ポイントなのです。

 

実は瞳の色は個人を識別するのにとても大切な情報です。
入国審査官は瞳をチェックする訓練も受けていると言われています。
特にみんカラ カラコンのように盛る系のカラコンは要注意かと思います。
何故なら、パスポートの写真と別人に見えてしまうのですから。
参考: パスポート写真にカラコンを使って大丈夫?

 

さらに入国審査官は、怪しいと思った人の入国を拒否できる権限を持っていますので、下手するとカラコンのせいで入国できないなんてことも・・・!?
そこまでいかないくても、入国審査官にいろいろ質問されて余計な時間を取られてしまう事にもなりかねません。
なお、質問の応答は基本は英語です。
カラコンのせいで入国できない、とまではいかなくとも面倒なことになりたくなかったら入国審査の時はカラコンを外しておく方がいいでしょう。

 

 

また、日本から外国に行くときは大抵の場合飛行機となります。
韓国や台湾などの近場はともかく、東南アジアやヨーロッパ、アメリカなどに行く場合は5〜12時間は飛行機に乗る必要があります。
飛行機の中はかなり乾燥していますので、カラコンをつけたままだと眼が乾いたり、痛くなってしまったりします。
入国審査の時はカラコンを外しておいた方がいいことも考えると、空港でカラコンを外して、外国に入国した後でみんカラ カラコンをつけた方がよいですね。

 

幸い、空港には待ち合わせスペースや場合によっては着替えのためのスペースもありますので、そこでみんカラ カラコンをつければOKです。