みんカラカラコンって長時間つけても目がごろごろしない!?

長時間つけても眼が痛くなったりごろごろしないと口コミで評判のみんカラ カラコン
なぜ長時間つけても大丈夫なのでしょうか?

 

それはみんカラ カラコンは着け心地が良くなるように常に改良されているからです。
また、含水率(がんすいりつ)も長時間つけても不快にならない理由のひとつなんです。

 

カラコンは可愛く盛れることも重要ですが、快適でごろごろしないことも同じくらい重要ですからね。

 


 

みんカラ カラコンの含水率について

カラコンのスペック(説明)を見ると、必ずと言っていいほど書いてある「含水率」
そもそも含水率とは何なのでしょうか?

 

含水率とは簡単に言うと、カラコンに含まれる水分の量です。
含水率はカラコンの着け心地に密接にかかわっていますので、注意してみてくださいね。

 


 

カラコンの含水率が45%以上のカラコンを「高含水率」、45%未満を「低含水率」カラコンと言います。
みんカラ カラコンの含水率は38%ですので、低含水率カラコンに分類されます。

 

含水率は高ければいいというわけではなく、高含水率も低含水率も長所と欠点があります。
高含水率と低含水率の特徴をまとめると下の表のようになります。

 

 

高含水率

低含水率

目が乾きやすい

目が乾きにくい
レンズが薄く着け心地が良い

酸素透過率が高い

酸素透過率が低い

 

みんカラ カラコンは低含水率カラコンなので、目が乾きにくく、着け心地が良いというメリットがあります。
みんカラ カラコンの口コミで目がごろごろしないというのは低含水率カラコンだからという点が大きいですね。
ただ、低含水率カラコンの欠点として、酸素透過率が低いという点があります。

 

目は「呼吸」していて、目の角膜と空気が触れることによって酸素の補給をしています。
低含水率は酸素透過率が低く、角膜が酸素不足になりがちですので、たまにはカラコンを着けない時間をつくってしっかり酸素補給をしましょう。

 

意外なのは、低含水率の方が目が乾きにくいということです。
カラコンの水分が多い高含水率の方が目が乾きにくい気がするのですが・・・

 


 

かなり多くの人が疑問に思うのは含水率が低い方が目が乾きにくいという点です。
カラコンに含まれる水分が多いなら、目が潤いそうな気もするのですが・・・

 

実はここに大きな落とし穴があります。
カラコンに水分が多いということは蒸発する水分量も多くなってしまいます。
カラコンは水を吸うので、蒸発した水分を補給してしまいます。
その補給先となるのが涙なのです。

 

つまり、高含水率カラコンはたくさんの涙を吸うので目が乾いてしまうのです。
みんカラ カラコンをはじめとした低含水率カラコンは蒸発する水分が少ないので、結果的に涙をたくさん吸わず、目が乾きにくいのです。
また、低含水率カラコンの方が一般的に薄くなるので、着け心地もよく、眼が痛くなったりごろごろしないのです。

 

みんカラの口コミでみんなが「着け心地がいい!!眼が痛くない!」と言っているのは低含水率カラコンだからなのですね。
低含水率カラコンが万能!というわけではないですが、みんカラカラコンのように長時間つける場合は、やっぱり低含水率カラコンがおすすめですね。

 

低含水率で着け心地抜群♪

可愛く盛れるみんカラはこちら

みんカラ カラコン

みんカラ カラコン

>>みんカラ カラコンの詳細はTOPから<<