カラコンの度数と視力の関係

みんカラ カラコンをはじめとしたカラコンの度数って眼科などで測ってもらう視力に直すとどのくらい?

 


 

度ありカラコンに書いてある「度数」。
実はこれって眼科などで視力検査してもらったときの数値と違うので戸惑ってしまうことって多いですよね?

 

視力検査の場合は、大抵0.01〜2.0くらいまでで表されます。
これに対して、カラコンの度数は0.0〜-10.0が一般的です。

 

視力検査ではマイナスなんて値はないのに、カラコンの度数はマイナスになっている・・・
この時点で視力検査の結果=カラコンの度数ではないのは分かると思います。
では、視力検査の結果をカラコンの度数に直すとどのくらいになるのでしょうか?

 

あくまで参考ですが、視力検査の結果とカラコンの度数は下のような関係があります。

 

視力(裸眼)=−0.4÷カラコンの度数

 

 

例えば、カラコンの度数が-4.0の場合、
視力=−0.4÷(−4.0)となるので、視力は0.1に相当することとなります。

 

注意していただきたいのが、
この計算式は必ずしも正確ではない
ということです。

 


 

つまり、この計算式で得られるカラコンの度数はあくまで参考値なのです。
実際、視力が同じ人でも、ちゃんと測定するとカラコンの度数は違ったという事があります。
カラコンを買うときはあらかじめ眼科に行ってきちんと測定してもらいましょう

 

また、カラコンには度数以外にもベースカーブなどの規格があります。
ベースカーブは簡単に言ってしまえば眼球のカーブを数値化したものです。
カラコンのベースカーブと自分の目のベースカーブが違うと、カラコンが外れやすくなったり、目がごろごろしてしまったりします。
せっかくカラコンを買うなら、自分に合ったカラコンを選んでおしゃれを楽しんでくださいね♪