フランス人のお出かけ支度

あなたは忙しい朝でも、きちんとフルメイクを整え髪を巻き、美しくかつTPOに合わせた服を選んでいますか?
日本人は身だしなみにとても敏感で、社会的にもスッピンで会社に行くというのは良しとされていないようです。

 

ではフランスではどうなのでしょうか?
彼女たちもせっせと化粧下地を塗りファンデーションで肌を整え眉を描き…と頑張っているのでしょうか?

 

答えはノーです。
フランス人はメイクも服も、非常にシンプル。
市役所や銀行、学校などお堅いイメージがある職場でもキャミソールや派手めな色などラフな装いの女性が目立ちます。
そしてメイクも我々とはどうやら考え方が違うようですよ。
ではメイクについて具体的に見ていきましょう。

 

フランス人のメイク

まずあなたはメイクを始めるとき何から始めますか?
普通は化粧下地とファンデーションからですね。
しかしまずこの過程、フランス人女性はカットです。

 

一部化粧品店やデパート勤めの女性を除き、ファンデーションを日常的に使う女性は少数派です。
お年を召してくると隠したいものも増えてファンデーションを塗るようですが、それも60代以降の女性に多い印象で、10代の女の子も50歳のマダムもお肌はスッピンの状態です。
彼女たちは素肌の美しさを大事にしますし、夏になると日焼けがバカンスの楽しさのバロメーターといわれるほど焼きますのでそばかすだってチャームポイント。
隠す必要性を感じないようです。

 

そして眉も日本のように毎年流行があったり雑誌で必ず取り上げたり、ということはありません。
ほとんどの場合は形をいじらずそのまま、よほど繋がっていたり豊かな人ならカットしたり、という程度です。

 

フランス人のアイメイク

アイメイクも普段はアイライナーとマスカラでおしまい。
アイシャドーは普段は使わないという女性が多いようです。
その代わりリップメイクはほとんどの人がしていて、かなりビビッドな色も使っています。
白い肌や褐色の肌によく似合ってとても素敵です。

 

ヘアも、やわらかな質感の人が多く、くるくるっと手でまとめてお箸やかんざし一本で簡単にまとめてしまいます。
そのままダウンスタイルの人も多く、日本のようにヘ日常的にアアレンジに勤しむということはなさそうです。

 

特別な時を除いて普段のメイクはこのようにポイントメイク主流でヘアもナチュラルですが、いつも欠かせないのはフレグランス。
フランス人にとって香りはおしゃれではなく身だしなみ。
どんなにファッションやおしゃれに興味がない女性でも男性でも、自分に合う素敵な香水をまとっています。

 

文化や人種が違うとメイクやファッションの考え方も大きく異なるようですね。
やはり日本ほど毎日おしゃれに気を使い時間と手間をかける国はないのでは、と思います。

 


 

一番盛れる♪

みんカラ カラコン

▲詳細はこちら▲